バルセロナのサン・パウ病院に行ってきた

#ヨーロッパ#スペイン#海外#旅#世界遺産

そもそも

バルセロナ滞在記2022のスピンオフ。

バルセロナにあるサン・パウ病院に行ってきた。

サン・パウ病院は、建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーが設計を手がけたモデルニスモ様式の病院。2009年まで病院として機能していた。リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーは若くしてバルセロナ建築学校の教授を務め、ガウディはその時の教え子の一人だった。彼が設計したカタルーニャ音楽堂とともに世界遺産に登録されている。

正面ファサード

sant_pau1

入口から中庭に通じる地下トンネル。トンネルは全ての病棟に繋がっているという。 sant_pau2

聖サルバドール分館

どの分館もイスラーム建築とゴシック建築が融合したムデハル様式で設計され、個性的で楽しい装飾が施されている。この楽しい感じが患者を癒すことに寄与するという思想が背景にあったとされる。 sant_pau6

聖レオポルド分館

sant_pau3

聖ラファエル分館

sant_pau7

当時の各分館や入院設備の様子を伝える展示スペースが館内に。 sant_pau8

聖マヌエル分館

sant_pau9

手術棟

sant_pau4

修道女の宿舎

sant_pau10

聖母モンセラット分館

sant_pau11

聖母メルセ分館

sant_pau12

聖母カルメ分館

sant_pau13

管理事務分館

sant_pau5

ピンク色が多用されたユニークな玄関ホール。 sant_pau19

ステンドグラスが美しい大階段の天井。 sant_pau18

タイルやモザイク画などで複雑に装飾された礼拝堂ホール。 sant_pau14 sant_pau15

天井に独特な装飾が施された講堂のような吹き抜けホール。 sant_pau17

天井のタイル装飾が立派な細長い回廊。 sant_pau20

窓からは正面にサグラダ・ファミリアが見える。 sant_pau16

参考書籍

物語 カタルーニャの歴史

バルセロナ 地中海都市の歴史と文化

スペイン美術史入門 積層する美と歴史の物語

情熱でたどるスペイン史

関連記事

バルセロナ滞在記2022