エディンバラで博物館・美術館巡り

#ヨーロッパ#イギリス#スコットランド#海外#旅#博物館#美術館

そもそも

エディンバラ滞在記2022のスピンオフ。

エディンバラにある国立博物館と国立美術館を巡ってみた。

スコットランド国立美術館

スコットランドおよびヨーロッパ諸国の初期ルネサンス以降の絵画を主に展示する美術館。 national_gallery1

内部の様子。 national_gallery2

エドウィン・ランドシーア『峡谷の王』 national_gallery3

スコットランド王立アカデミー会員?『スコットランド国立美術館の内部』 national_gallery4

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ『ディアナとアクタイオン』 national_gallery5

ジョージ・ヘンリー『ゲイシャガール』(1894)。ジョージ・ヘンリーは1893年に日本を訪れ、帰国後にこの作品を描いたという。 national_gallery6

スコットランド国立肖像画美術館

肖像画に特化した美術館。肖像画のモデルはいずれもスコットランド人らしい(作者は必ずしもスコットランド人ではないらしい)。 portrait_gallery1

独特な雰囲気のエントランスホール portrait_gallery2

作者不明『チャールズ1世の処刑』 portrait_gallery3

ジョシュア・レノルズ『第4代ダンモア伯ジョン・マーレイ』 portrait_gallery4

チャールズ・マーティン・ハーディ『スキップの少年』。スキップとは、カーリング競技におけるチームのキャプテンのこと。 portrait_gallery5

スコットランド国立博物館

スコットランドの歴史や文化に関連する収蔵品と、世界中の歴史や文化、自然史、科学に関連する収蔵品を展示する博物館。 national_museum1

内部の様子。 national_museum2 national_museum3 national_museum4

2-3世紀のインド・ガンダーラ地方の仏像。イケメン。 national_museum5

メキシコ先住民の一つであるワステカ族の女神像。漫画『シャーマンキング』に登場するパスカル・アバフを思い出した。 national_museum6

マッコウクジラの顎の骨のスクリムショー(クジラの骨や歯を利用した彫り物)。 national_museum7

マッコウクジラの頭蓋骨。 national_museum8

恐竜の化石や動物の標本がズラリ。 national_museum9

ピクト人の石碑(7-8世紀)。狩りのシーンが彫られている。"Hilton of Cadboll Stone" national_museum10

ピクト人の石碑(10世紀前半)。馬上で(おそらく酒を)飲む男が彫られている。"Bullion Stone" national_museum11

ピクト人の石碑群。 national_museum13

ヴァイキング船の一部。 national_museum12

1960年代にグレンフィディック蒸溜所で使用されていたウォッシュスチル(1回目の蒸留で使用するポットスチル)。ウイスキー愛好家には堪らん。詳細 national_museum14 national_museum15

炭坑で排水をくみ上げるのに使用された「ニューコメン大気圧エンジン」 national_museum16

参考書籍

物語 イギリスの歴史(上)古代ブリテン島からエリザベス1世まで

物語 イギリスの歴史(下)清教徒・名誉革命からエリザベス2世まで

スコットランドを知っていますか

関連記事

エディンバラ滞在記2022