グラスゴーでウイスキー蒸溜所巡り

#ヨーロッパ#イギリス#スコットランド#海外#旅#ウイスキー

そもそも

グラスゴー滞在記2022のスピンオフ。

スコットランドといえばスコッチウイスキーということで、グラスゴー近郊にあるオーヘントッシャン蒸溜所と、グラスゴー市内にあるクライドサイド蒸溜所を見学してきた。

オーヘントッシャン蒸溜所

伝統の3回蒸溜を守り続けるローランドモルトの代表格「オーヘントッシャン」を製造する、グラスゴー郊外のオーヘントッシャン蒸溜所に行ってきた。電車でDalmuir駅まで行ってそこから30分ほど歩いて行った。

道中の住宅地の様子。グラスゴー郊外の暮らしが伺える。 auchentoshan

オーヘントッシャン蒸溜所に到着。 auchentoshan2

こちらがビジターセンター入口。 auchentoshan3

ビジターセンターに入ると洗練されたギフトショップが。 auchentoshan4

モルトミル(麦芽粉砕機)。 auchentoshan5

マッシュタン(糖化槽)。ここで1杯試飲する。 auchentoshan6

年季が入ったオレゴンパイン製のウォッシュバック(発酵槽)。ここでも1杯試飲する。 auchentoshan7

これぞオーヘントッシャンという3基のポットスチル。なかなか壮観だった。 auchentoshan8

昔使われていたポットスチルが外に展示されていた。こぢんまりしている。 auchentoshan9

広々とした貯蔵庫。木とモルトの香りが心地よい。 auchentoshan10

最後は2杯試飲して見学ツアー終了。合計4杯飲んだのですでにほろ酔い。 auchentoshan11

最後は蒸溜所限定のカスクストレングス200mlを購入。

これが死ぬほど美味しくてオーヘントッシャンのファンになってしまった。 auchentoshan12

クライドサイド蒸溜所

グラスゴー市内のクライド川北岸に位置するクライドサイド蒸溜所は、2017年11月に開業したばかりで施設も近代的。 clydeside

モルトミル(麦芽粉砕機)とマッシュタン(糖化槽)。 clydeside2

ステンレス製のウォッシュバック(発酵槽)。 clydeside3

ピッカピカのポットスチル2基。背景にクライド川を臨むオシャレ空間。めちゃ暑いけど。 clydeside4 clydeside5

ラインナップはまだまだこれから。 clydeside6

ローランドモルトといえばクライドサイドと言われる日がいつか来るかもしれない。

参考書籍

ウイスキーと私

世界ウイスキー大図鑑

ウイスキーは楽しい!

ウイスキーの科学 熟成の香味を生む驚きのプロセス

スコットランド酔夢紀行 シングルモルトへの旅

関連記事

グラスゴー滞在記2022

グラスゴーでパブ巡り

エディンバラでウイスキーを堪能してみた

ダブリンでウイスキー蒸溜所巡り