グラナダ滞在記2022(1日目)

#ヨーロッパ#スペイン#海外#旅#教会#食#市場#世界遺産

そもそも

2022年8月にグラナダに滞在した時の様子。1日目。

グラナダはアルハンブラ宮殿があることでよく知られるアンダルシア州の内陸都市。人口は約23万人。8世紀にイスラーム国家ウマイヤ朝に支配されると、以後750年以上イスラーム勢力の支配下に置かれた。13世紀に成立したイベリア半島最後のイスラーム国家ナスル朝グラナダ王国の首都として繁栄を極めた。15世紀末レコンキスタによって陥落した最後のイスラーム都市となった。

グラナダへ

マラガから列車に乗ってグラナダへ。車窓は美しいオリーブ畑が続く。 to_granada1

宿泊地へ

グラナダ駅に到着。とりあえず宿泊地へ向かう。ちゃんと田舎の雰囲気が漂う。 to_hotel1

まだ午前11時だったが部屋に入れた。普段は大学の寮らしい。部屋の窓からの眺め。 to_hotel2

サン・アグスティン市場

さっそく街を散策する。

まずはサン・アグスティン市場。やたら近代的で新しそうだった。 mercado1

昼食

市場の目の前に美味しそうな惣菜屋さんを見つけたので入ってみることに。

Comida Casera Flor del mercadoにて。 food1

マカロニサラダと肉じゃがをテイクアウトした。 food2

サン・ヘロニモ修道院

レコンキンスタ完了後1504年にカトリック両王のもとで建設が開始された最初の教会建築。 san_jeronimo1 san_jeronimo2

内部装飾は尋常ならざる壮麗さ。セビージャ大聖堂やマラガ大聖堂でも感じたが、アンダルシアの教会装飾は他の地域に比べて気合の入り方が一味違う気がする。イスラームへの対抗意識とか危機感とか何らかの歴史的な経緯がありそう。 san_jeronimo3 san_jeronimo4 san_jeronimo5

17世紀のグラナダ出身画家ファン・デ・セビージャ・ロメロ作の『最後の晩餐』 san_jeronimo6

オレンジの木が並ぶ中庭と鐘塔。 san_jeronimo7

サン・フアン・デ・ディオス聖堂

18世紀に建設されたバロック様式の聖堂。

聖具室。 san_juan_de_dios1

身廊。やっぱり装飾の壮麗さが一味違う。 san_juan_de_dios2 san_juan_de_dios3

主祭壇の裏というか中に入ることができた。 san_juan_de_dios4

主祭壇の中からの景色。 san_juan_de_dios5

街並み

イスラームの雰囲気漂うカルデレリア・ヌエバ通り。 street1

レジェス・カトリコス通りに面する広場には、コロンブスがイサベル女王に謁見する場面を表現した彫像が建っている。コロンブスが西インド諸島に到達した航海を支援したのがイサベル女王だった。 street2

Corral del Carbón

ナスル朝グラナダ王国時代に穀物取引所または宿屋として使われていたという建物。 corral_del_carbon1 corral_del_carbon2

王室礼拝堂

カトリック両王(アラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ女王イサベル1世)とその娘フアナと夫フェリペなどが眠る礼拝堂。グラナダ大聖堂に付属しているが、歴史的には王室礼拝堂の方が先に完成した。内部は写真撮影禁止だった。 cathedral1

サグラリオ教区教会

グラナダ大聖堂に付属する18世紀に建設された教会。 cathedral2

グラナダ大聖堂

16-17世紀に建設されたルネサンスおよびバロック様式の大聖堂。 cathedral3 cathedral4

壮麗なドームが特徴的な主祭壇。 cathedral5

アルバイシン地区

アルハンブラ宮殿からダロ川を挟んだ対岸の丘に広がる地区。迷路のように入り組んだ石畳の細い路地と、白い壁に囲まれ中庭を備えたカルメンと呼ばれる伝統家屋で構成され、イスラーム支配時代の街並みと雰囲気が色濃く残されている。アルハンブラ宮殿とヘネラリフェとともに世界遺産に登録されている。 albaicin1 albaicin2

カルバハレス展望広場から眺めるアルハンブラ宮殿。 albaicin3 albaicin4 albaicin5

サン・ニコラス展望広場から眺めるアルハンブラ宮殿。 albaicin6

喉が渇いたのでサン・ニコラス展望広場の近くにあったRestaurante El Miradorにて休憩することに。ジュース1杯だけを注文して一気に飲み干した。しばらく休憩しているとパエリアが出てきた。知らなかったので驚いたが、グラナダではドリンクを一杯注文するとタパスが一品付いてくる文化があるらしい。もちろん無料でドリンクの値段がその分高い訳でもない。パエリアはめちゃくちゃ美味しかった。なんちゅうおもてなし。 albaicin7 albaicin8

ピオノノ

市街中心部へ戻り、なぜかスイーツ巡り開始。

Casa Yslaにて、グラナダの伝統菓子ピオノノをいただく。シロップをたっぷり含ませた小さなロールケーキのようなもの。甘すぎて全然美味しくなかった。 food3

チュロス・コン・チョコラーテ

続いてCafetería Alhambraにて、チュロス・コン・チョコラーテをいただく。ホットチョコレートは美味しいが、チュロスはかなり油っこい。 food4

スペインは料理のレベルは高いが、スイーツのレベルはあまり高くないらしい。

参考書籍

愛しのアンダルシアを旅して 南スペインへ

スペイン美術史入門 積層する美と歴史の物語

情熱でたどるスペイン史

オラ!スペイン旅ごはん

関連記事

グラナダ滞在記2022(2日目)