ハンブルクでドイツ名物を味わってみた

#ヨーロッパ#ドイツ#海外#旅#ビール#食

そもそも

ハンブルク滞在記2022のスピンオフ。

ドイツといえばソーセージとパンとビールということで、ドイツ1都市目のハンブルクでドイツの名物を味わってみた。

ソーセージ

ハンブルク中央駅構内の飲食店にて、到着直後にドイツらしさ満載のプレートとビール。いやー美味かった。 food1

こちらも中央駅構内のソーセージ屋にて。 food5

店主のおじさんに小さい紙でソーセージを挟んで食べるもんだと教えてもらった。 food4

Landungsbrücken駅構内のCurry Barにて、ベルリン名物のカリーブルストをいただく。不味くはないが大味であることは否めない。 food3

内アルスター湖近くのEdel Curryにて、またもカリーブルストをいただく。店によってそこまで大きな味の違いはない。 food7

パン

ハンブルク中央駅構内のパン屋のショーケース。こういう感じのパン屋が街中にある。 food2

朝から地元客で賑わうStadtbäckerei Musfeldtにて、ハムとチーズの硬いパンサンドイッチ。 food6

Barrossa | coffee barにて、白身魚フライのサンドイッチ。店員のお兄さんが何度もウインクしてきた。 food8

ハンブルク中央駅構内のパン屋にて、プレッツェル。間にバターとネギが挟まれていた。かなり塩辛かった。 food9

ビール

旧エルベトンネルから坂を登ったところにあるZur Scharfen Eckeにて。ハンブルク感満載の地元の酒場という感じで、喫煙OKだった。 pub1

ハンブルク生まれのAstra(生ビール)をいただく。 pub2

Treff bei Tassosにて、これまたハンブルク生まれのHolsten(生ビール)をいただく。このパブも喫煙OKだった。他のヨーロッパの国では1件たりとも喫煙OKのパブを経験しなかったのでちょっと面食らった。 pub3

いかにも家族経営という雰囲気漂うRestaurant Im Sprinkenhofにて。 pub5 pub4

ハンバーグ発祥の地ということでハンバーグ(frikadelle)をポテトとヴァイツェン系ビールとともにいただく。ハンブルクの食事の中で一番美味しかった。 pub6

というわけで、黒ビールをおかわり。いやー満足。 pub7

参考書籍

ビールは楽しい!

関連記事

ハンブルク滞在記2022