アイラ島滞在記2022(4日目)

#ヨーロッパ#イギリス#スコットランド#アイラ島#海外#旅#島#自然#ウイスキー#エピソード

そもそも

2022年6月にアイラ島に滞在した時の様子。4日目。

ロッホサイドホテルの朝

今日もフルブレックファストとトーストをいただく。この大きめの黒いキノコが死ぬほど美味い。 lochside_hotel11

ラガヴーリン周辺散策

今日の目的地はラガヴーリン蒸溜所。事前に一般の蒸溜所見学ツアーと貯蔵庫で樽出し原酒を飲めるセッションを予約しておいた。

というわけで、バスでラガヴーリン蒸溜所に向かう。ちょうどいいところにバス停が無いのでアードベッグ蒸溜所で降りて歩いて行こうと考えていたら、普通にラガヴーリン蒸溜所前で停めてくれたので助かった。

かなり早めに到着したのでラガヴーリン周辺を散策することにした。

追いかけっこするウサギたち。キュートすぎる。 lagavulin_view

ご近所付き合いゼロの民家。 lagavulin_view2

海の方へ歩いていくと廃墟らしき姿が見える。 lagavulin_view3

調べると、ダニヴェイグ城という中世の要塞らしい。海と草原と遺跡が諸行無常の趣をたたえる。 lagavulin_view4

ダニヴェイグ城から眺めるラガヴーリン蒸溜所。どことなく無骨な印象を受ける。 lagavulin_view5

目の前には大海原。 lagavulin_view6

振り返ると大草原。ポツンと置いてあったベンチに30分くらい座ってボーッとする。一瞬どこにいるのか分からなくなる。 lagavulin_view7

ラガヴーリン蒸溜所

ラガヴーリン蒸溜所へ戻ってきた。 lagavulin

入口のギフトショップに並ぶLagavulinのボトル。 lagavulin3

受付を済ませ見学ツアーまでこの部屋で待つ。 lagavulin2

見学ツアー開始。まずはモルトミル(麦芽粉砕機)。壊れても直せる人が少ないという。 lagavulin4

マッシュタン(糖化槽) lagavulin5

木製のウォッシュバック(発酵槽)が10基。 lagavulin6

ポットスチルが4基。写真を撮っていいエリアが決められていた。 lagavulin7

一通り見学すると一旦外に出る。蒸溜所から眺めるダニヴェイグ城。 lagavulin8

最後は3種類のLagavulinを試飲して一般見学ツアーは終了。 lagavulin9

そして1時間後にもう一つのセッションへ。貯蔵庫内で5種類の樽出し原酒を飲み比べするというなんとも贅沢なセッションだった。半世紀もの間ラガヴーリン蒸溜所で働くという重鎮イアン・マッカーサーさんと青年のコンビが面白かった。 lagavulin10

ストレートで8杯はちょっと飲みすぎた。が、幸せだった。

翌日グラスゴーからダブリンへ

翌日午前中の便でグラスゴーに向かい、そのまま夕方の便でダブリンに向かう予定だったが、グラスゴー行きフライトが4時間以上遅延してダブリン行きの便を危うく逃しかけた。

最初から最後までポジティヴまたはネガティヴなハプニングに見舞われ続けたアイラ島滞在だった。

参考書籍

ウイスキーと私

世界ウイスキー大図鑑

ウイスキーは楽しい!

ウイスキーの科学 熟成の香味を生む驚きのプロセス

スコットランド酔夢紀行 シングルモルトへの旅

Whisky Galore Vol.22 2020年10月号

関連記事

アイラ島滞在記2022(1日目)

アイラ島滞在記2022(2日目)

アイラ島滞在記2022(3日目)