クラクフで名物を味わってみた

#ヨーロッパ#東欧#ポーランド#海外#旅#食#ビール

そもそも

クラクフ滞在記2022のスピンオフ。

クラクフやポーランドの名物を味わってみた。

オブヴァジャネック

道端の屋台にて、オブヴァジャネック(Obwarzanek)というベーグルをいただく。これをアメリカに移住したユダヤ人が広めたものがベーグルになったとされる。素朴で美味しい。 food1

ピエロギとボルシチ

カジミェシュ地区にあるPierogi MR Vincentにて。

ピエロギ(Pierogi)とボルシチ(Barszcz)をいただく。ピエロギは水餃子に似た国民的料理。ボルシチはダシとビーツで作る国民的スープ。飲み物はポーランドの国民的ビール、ジヴィエツ(Zywiec)。どれもめちゃくちゃ美味しかった。 food3

このお店はなぜかゴッホをモチーフにしていた。 food4

コトレット・スハボヴィとボルシチ

カジミェシュ地区にあるRestauracja Polskaにて。

1軒目で初めて飲んだボルシチが美味しすぎてまたボルシチ。味はコンソメというかフォンドボーというか濃いダシという感じで、死ぬほど美味しかった。 food7

コトレット・スハボヴィ(Kotlet Schabowy)というカツレツ。付け合わせにカプスタ・キショナ(Kapusta Kwaszona)という発酵キャベツ。ドイツ語圏で食べられるシュニッツェルとザワークラウトとほぼ同じ。ドイツは隣国だしドイツやオーストリアに歴史的に何度か支配されているので、同じような料理があっても確かに不思議ではない。 food8

ザピエカンカ

カジミェシュ地区にOkrąglakという、元々食肉加工場だった施設を利用したフードコートがある。窓口ごとに別のお店が入っているが、全店舗ザピエカンカ(Zapiekanki)というバゲットで作ったピザを販売していた。周りを見れば競合他社だらけ。 food2

というわけでZapiekanki Królewskieにて、ザピエカンカをいただく。B級グルメだな。 food10

クレムフカ

Lajkonikにて、クレムフカ(Kremówka)というクリームパイをいただく。ヨーロッパのスイーツには珍しく、甘すぎなくて結構いけた。 food11

アイスクリーム

行列のできる超人気アイスクリーム店Lody na Starowiślnejにて、アイスクリームをいただく。素材そのままの味がしてめちゃくちゃ美味しかった。 food5

商店

旧市街には大型のスーパーマーケットは見かけなかったが、小さめの個人商店があちこちにあって、深夜の遅い時間まで普通に営業していた。どこの商店に入ってもなぜか飲み物の品揃えが豊富だった。というかヨーロッパの他の都市でも食料品店の品揃えは普通に日本より充実してることが少なくない。 supermarket1

というわけで色々な飲み物を試してみた。

酎ハイ的なおそらくウォッカを使ったお酒。 food6

ポーランドの定番ビールZubr(ジュブル)とビタミン入りジュース。 food9

参考書籍

中世の街と小さな村めぐり ポーランドへ

関連記事

クラクフ滞在記2022