ロンドンで博物館・美術館巡り

#ヨーロッパ#イギリス#イングランド#海外#旅#博物館#美術館

そもそも

ロンドン滞在記2022のスピンオフ。

ロンドンで博物館・美術館を巡った話。

大英博物館

1753年に設立された世界最大級の博物館。入場無料。 british_museum british_museum2

『クニドスのライオン』(紀元前2世紀頃) british_museum3

『イノシシが描かれた皿』(紀元前6世紀頃) british_museum4

『ディオニュソスとイカリオスが描かれたアンフォラ』(紀元前6世紀頃) british_museum6

『ネメアの獅子を退治するヘラクレスとそれを見るアテナとイオラオス』(紀元前6世紀頃) british_museum7

『コリント式ヘルメット』(紀元前5世紀頃) british_museum5

『クーロス』(紀元前5世紀頃) british_museum8

パルテノン神殿を飾っていた彫刻群(紀元前5世紀頃) british_museum9 british_museum10 british_museum11 british_museum12 british_museum13 british_museum14

『人面有翼牡牛像』(紀元前9世紀頃) british_museum15

『ライオン像』(紀元前9世紀頃) british_museum20

『ティグラト・ピレセル3世の軍隊のレリーフ』(紀元前8世紀頃) british_museum16

『ラムセス2世』(紀元前13-12世紀頃) british_museum17

『スカラベ』(紀元前4世紀?) british_museum18

『ロゼッタストーン』(紀元前2世紀頃) british_museum19

『ネコのミイラ』(紀元前1世紀頃) british_museum21

『ルイス島のチェス駒』(12世紀頃) british_museum22

古代ローマ時代のモザイク画(1-2世紀) british_museum23

『ベニン・プラーク』(16世紀頃) british_museum24

『アマラヴァティの石碑』(2世紀頃) british_museum25

イギリス生まれの展示品があまり見当たらない(皮肉)。

ヴィクトリア&アルバート博物館

ケンジントンにある国立博物館。1851年のロンドン万国博覧会の展示品をもとに産業博物館として開館した。 victoria_albert

オーギュスト・ロダン『洗礼者ヨハネ』 victoria_albert2

オーギュスト・ロダン『瞑想』 victoria_albert3

世界中の名作のレプリカが所狭しと展示されている、キャストコートと呼ばれる空間。 victoria_albert6 victoria_albert4 victoria_albert5

自然史博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館の向かいにある自然史博物館。元々大英博物館の一部門だったが19-20世紀に時間をかけて分離された。 natural_history

北アイルランドにあるジャイアンツ・コーズウェーの岩。 natural_history2

ナショナルギャラリー

トラファルガー広場にある国立美術館。 national_art2

勇ましいライオン像(エドウィン・ランドシーア作)が見守る。 national_art

展示室の様子。 national_art3

パオロ・ウッチェロ『サンロマーノの戦い』 national_art4

レオナルド・ダ・ヴィンチ『岩窟の聖母』。同構図の絵画が2枚存在しており、もう1枚はルーヴル美術館にある。 national_art5

ミケランジェロ『キリストの埋葬』(未完) national_art6

フィリッピーノ・リッピ『聖母子と諸聖人』 national_art7

サンドロ・ボッティチェッリ『東方三博士の礼拝』 national_art8

ヨアヒム・ブーケラール『四大元素:水』 national_art9

レンブラント『ベルシャザルの饗宴』 national_art10

アンソニー・ヴァン・ダイク『チャールズ1世の騎馬像』 national_art11

テートブリテン

イギリス人芸術家の作品を中心とした国立美術館。 tate_britain tate_britain2

フランシス・ベーコンの『キリスト磔刑図のための3つの習作』。寄生獣みたい。 tate_britain3

ヤン・ヴィック『要塞下の騎兵戦』 tate_britain4

ウィリアム・ターナー『カルタゴ帝国の衰退』『レグルス』 tate_britain5

ウィリアム・ターナー『バチカン宮殿から眺めるローマ』 tate_britain6

サー・ジョン・ソーンズ美術館

18世紀の建築家ジョン・ソーンのコレクションを彼自身の邸宅に展示している美術館。ロンドンで最も小さな国立美術館で、邸宅の至る所に所狭しと美術品が並べられている不思議空間。猟奇殺人者の家みたい。 sir_john sir_john2 sir_john3 sir_john4 sir_john5 sir_john6 sir_john7 sir_john8

参考書籍

物語 イギリスの歴史(上)古代ブリテン島からエリザベス1世まで

物語 イギリスの歴史(下)清教徒・名誉革命からエリザベス2世まで

ふしぎなイギリス

イギリス物語紀行

西洋美術史入門

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

古代メソポタミア全史

関連記事

ロンドン滞在記2022