ミュンヘンで博物館・美術館巡り

#ヨーロッパ#ドイツ#海外#旅#博物館#美術館

そもそも

ミュンヘン滞在記2022のスピンオフ。

ミュンヘンにある博物館・美術館に行ってきた話。

アルテ・ピナコテーク

ヴィッテルスバッハ家の美術コレクションを市民に公開するためにバイエルン王ルートヴィヒ1世が建設を命じた美術館。教科書で見たことがある絵画がたくさん展示されている。 alte_pinakothek1

マックス・リーバーマン『ミュンヘンのビアガーデン』 alte_pinakothek2

クロード・モネ『睡蓮』 alte_pinakothek3

フィンセント・ファン・ゴッホ『ひまわり』

最初に描かれた『ひまわり』らしい。 alte_pinakothek4

ユベール・ロベール『ローマ神殿跡の風景』 alte_pinakothek5

Michele Marieschi『Vista sulla Piazzetta dei Leoni』 alte_pinakothek6

ジュゼッペ・アルチンボルド『冬』『夏』『春』(セルフコピー版) alte_pinakothek7

アルブレヒト・デューラー『自画像』 alte_pinakothek8

アルブレヒト・デューラー『四人の使徒』 alte_pinakothek9

アルブレヒト・アルトドルファー『アレクサンダー大王の戦い』

アレクサンドロス3世がダレイオス3世率いるペルシャ軍に勝利した紀元前333年のイッソスの戦いを描いている。エネルギー感が半端ない。 alte_pinakothek10

レオナルド・ダ・ヴィンチ『カーネーションの聖母』

アルテ・ピナコテークでは唯一のレオナルド・ダ・ヴィンチの作品。 alte_pinakothek11

ピーテル・パウル・ルーベンス『最後の審判』 alte_pinakothek12

グリュプトテーク

アルテ・ピナコテーク同様、バイエルン王ルートヴィヒ1世が建設を命じた、古代彫刻に特化した博物館。「グリュプトテーク」はギリシャ語で「彫刻館」の意。

外観も古代ギリシャ風。 glyptothek1

ミュンヘン・クーロス(紀元前540年頃) glyptothek2

エギナ島アファイア神殿のペディメント彫刻(紀元前500年頃) glyptothek3

バイエルン州立エジプト美術収集館

ピラミッドの入口風入口。 egypt1

ホルス立像(紀元前1360年頃) egypt2

ワニ像(紀元前1800年頃) egypt3

広々と展示されている。 egypt4

ティトゥス・セクスティウス・アフリカヌスのオベリスク(紀元後50年頃) egypt5

唐棹と牧杖をもつラムセス2世(紀元前1240年頃) egypt6

スィトジェフティのマスク(紀元前1575年頃) egypt7

ホルス像(紀元前500年頃) egypt8

参考書籍

西洋美術史入門

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

古代エジプト全史

古代エジプト解剖図鑑

関連記事

ミュンヘン滞在記2022