ミュンヘンで宮殿巡り

#ヨーロッパ#ドイツ#海外#旅#宮殿

そもそも

ミュンヘン滞在記2022のスピンオフ。

ミュンヘンにあるヴィッテルスバッハ家の二つの宮殿に行ってきた話。

ミュンヘンレジデンツ

バイエルン王国のヴィッテルスバッハ家の旧王宮であるミュンヘンレジデンツ。14世紀に建設が始まり、その後増改築を繰り返す。1918年のドイツ革命後に公立の博物館に。第二次世界大戦で深刻な被害を受けたが戦後に復元・再建された。市内中心部にある。

ヴィッテルスバッハ家は1180年にオットー1世(神聖ローマ皇帝オットー1世とは別人)がバイエルン公になってから1918年まで700年以上もの間バイエルン王家として君臨し続けた家系。

レジデンツ南側のマックス・ヨーゼフ広場。 residenz1

レジデンツ北側の入口。 residenz3

目の前には整いまくった庭園ホーフガルテン。 residenz4

中に入るといきなりザ・宮殿。歴代君主100人以上の肖像画が並ぶギャラリー。 residenz5

威圧感がすごい。 residenz6

16世紀にヴィルヘルム5世が建てた夏の庭園。貝殻を使って装飾されており、なぜか東南アジアのような雰囲気を感じる。 residenz7

アルブレヒト5世が収集した骨董品が並ぶルネサンス様式の間。 residenz8

この空間は衝撃的だった。 residenz9

タペストリーの間(適当)。 residenz10

装飾細かすぎの間。 residenz11

どういうコンセプト。 residenz12

出口を出ると中庭。いやーレジデンツ豪華すぎた。 residenz2

ニンフェンブルク宮殿

バイエルン選帝侯フェルディナント・マリアが、1662年のマクシミリアン2世エマヌエル皇太子誕生を機に建設を命じたヴィッテルスバッハ家の夏の離宮。市内中心部から西へ5kmほどのところにある。

敷地内なのに宮殿が遠い。 nymphenburg1

ロココ様式の豪華絢爛な装飾が施されている石のホール(祝宴広間)。 nymphenburg2

ヨハン・バプティスト・ツィンマーマンが描いた天井画。 nymphenburg3

ルートヴィヒ1世が見初めた36人の美女の肖像画が並ぶ美人画ギャラリー。 nymphenburg4

左右対称になるように設計された、果てしなく広い庭園。 nymphenburg5

関連記事

ミュンヘン滞在記2022