ナポリ滞在記2022

#ヨーロッパ#イタリア#海外#旅#城#宮殿#自然#海#世界遺産#聖地巡礼

そもそも

2022年7月にナポリに滞在した時の様子。

ナポリは、ローマとミラノに次ぐイタリア第3の都市で、カンパニア州の州都。人口約90万人(北九州市と同じくらい)。「ナポリを見て死ね」という一節が有名なくらい、ヴェスヴィオ火山を背景とする風光明媚な景観は比類なき美しさを誇る。一方で街の路上は比類なき汚さを恥じる。伝統的にカモッラというマフィアの本拠地としても知られる。街の一部が「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されている。ナポリ近郊には、ポンペイ遺跡、アマルフィ、イスキア島、カプリ島など人気の観光地が点在している。『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』の舞台としても知られる。

スピンオフ

ナポリの歴史をまとめてみた

ナポリで教会巡り

ナポリで名物を味わってみた

ナポリ国立考古学博物館が衝撃だった

ポンペイ遺跡を散策してみた

ナポリ中央駅

中央駅構内は比較的綺麗だったが、駅を一歩出るとゴミの多さと治安の悪さを如実に感じた。 station1

サンナザーロ広場

セイレーンの噴水の噴水がある広場。セイレーンはギリシャ神話に登場する人魚で、美しい歌声で海上を航行する人々を惑わし遭難・難破させていた。オデュッセウスが船員に耳栓をさせ自分をマストに縛りつけ、誰も歌声に惑わされないように準備した上でセイレーンの歌声を聴きに行ったところ、その作戦が見事成功し遭難・難破することなくセイレーンの美しい歌声を聴くことができた。一方、歌声で人を惑わすことに初めて失敗したセイレーンは自殺した(大袈裟やろ)。セイレーンの死体はナポリの海岸に辿り着き、ナポリで埋葬され、それがナポリの風光明媚な風景となったとされる。諸説ありまくり。 piazza_sannazaro1

ポジリポの丘

『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』でジョルノがブチャラティを追いかけて辿り着いた場所。歩いて行ったが勾配が激しくて割と大変だった。ヴェスビオ火山を背景にしたナポリの絶景を堪能できる。 posillipo1 posillipo2 posillipo3

Lungomare di Napoli

ポジリポから卵城に至る海岸沿いの遊歩道を歩く。海は美しい。 lungomare1 lungomare2 lungomare3 lungomare4

卵城

12世紀にノルマン人によって建設された城。卵城という名は、魔術師が城の土台に魔法の卵を埋め込み、それが割れる時ナポリに災いが起きるという伝説に由来する。アンジュー家統治時代には倉庫として使われ、アラゴン家統治時代には大砲を備えるなど要塞として強化された。 castel_dell_ovo1

入口で「チケットはオンラインでしか購入できない」って言うだけの職員が3人いた。IT化の本質見失ってないか。

ヌオーヴォ城

アンジュー家統治時代にカルロ1世の命で建てられた城。アラゴン家統治時代には城の外観を特徴づける5つの円塔が加えられるなど大幅な改築が施された。 castel_nuovo1

ガッレリア・ウンベルト1世

ナポリ再開発の一環として建設され1890年に完成したガッレリア(アーケード)。イタリア王国第2代国王ウンベルト1世に捧げられた。内部にはショップやカフェが並ぶ。 galleria_umberto1

ナポリ王宮

17世紀初頭スペイン・ハプスブルク家の統治時代に建設が始まり、18世紀前半スペイン・ブルボン家の統治時代に改築された王宮。

王宮前に広がるプレビシート広場。 palazzo_reale1

ファサードには歴代のナポリ王の彫像が置かれている。 palazzo_reale2

内庭。 palazzo_reale3

Galleria del Mare

クルーズ船の船着場にあるショッピングモール。 galleria_del_mare1

クルーズ船デカすぎ。 galleria_del_mare2

トレド通り

市街中心地を南北に走るナポリ最大のショッピング通り。 via_toledo1

ちょっと路地を覗くと、あら、いい雰囲気。 via_toledo2

スペイン地区

スペイン・ハプスブルク家統治時代にナポリ市民の暴動を鎮圧するために派遣されたスペイン軍兵士の駐屯地だった地区。当時から近現代まで売春や窃盗などの犯罪やギャンブルが横行していたという、治安があまり良くないとされるエリア。実際に行ってみたところ、格子状に張り巡らされた細い路地に生活感が溢れまくってて混沌とした独特な雰囲気はあるものの、危険はさほど感じなかった。バイクが細い路地を縦横無尽に走り回っていて、それだけ物理的に危険だった。

スペイン地区は丘の斜面に築かれているため割と傾斜があった。路地によって雰囲気が異なる。 quartieri_spagnoli1 quartieri_spagnoli2 quartieri_spagnoli3

スペイン地区の上の方に登っていくと、やけに雰囲気が明るい空間に出た。やたらマラドーナが奉られていたので調べると、マラドーナはSSCナポリ時代にセリエA優勝2回、UEFAヨーロッパリーグ優勝という偉業を成し遂げたナポリの大英雄だった。マラドーナ以外にもこの辺りの建物の壁には様々な人物のアートが描かれていた。 quartieri_spagnoli4

ナポリのサンセヴェーロ礼拝堂にある、彫刻家アントニオ・コッラディーニ(晩年をナポリで過ごした)の作品『謙遜』が描かれている。 quartieri_spagnoli5

フニコラーレ

フニコラーレ・チェントラーレ線のAugusteo駅。ケーブルカーの駅。 funicolare1

車両は新しそうで綺麗だった。『ジョジョの奇妙な冒険 第5部』でジョルノとブチャラティが一戦交えたのもこのフニコラーレの車内だった。 funicolare2

ヴォメロ地区

市街地西側の丘の上にある洗練された地区。フニコラーレに乗ってやってきた。 vomero1

サンテルモ城

14世紀アンジュー家統治時代にヴォメロ地区に建設された城。16世紀スペイン・ハプスブルク家統治時代に現在の縦長の星形要塞へと改築された。17世紀以降は牢獄としても機能していた。ナポリの景観を最も美しく一望できる場所かもしれない。 castel_sant_elmo1

要塞み溢れる通路。 castel_sant_elmo2

広大な屋上空間。 castel_sant_elmo3

いやー美しすぎた。「ナポリを見て死ね」は本当だった。ナポリのヴェドゥータ(景観画)をあまり見かけないのはなぜだ。 castel_sant_elmo5 castel_sant_elmo6 castel_sant_elmo4 castel_sant_elmo7 castel_sant_elmo8

帰りは人通りの少ない道を歩いて下丘。割れた瓶が散乱してたり、壁が落書きだらけだったり、警官の「動くな!」ぐらいの勢いで「Alexa Stop!」って聞こえてきたりしたので、夜は絶対に歩きたくない。 castel_sant_elmo9 castel_sant_elmo10

サン・マルティーノ博物館

14世紀に創建され16世紀に改築された修道院の建物を利用した博物館。 museo_di_san_martino1

18世紀の王室の馬車。 museo_di_san_martino2

ベルニーニ『聖母子と幼児聖ヨハネ』 museo_di_san_martino3

バッティステッロ・カラッチョロ『聖母被昇天』。ナポリ出身画家でカラヴァッジェスキ(カラヴァッジオに影響を受けてその作風を受け継ぐ画家)だった。 museo_di_san_martino4

キリスト降誕をミニチュア人形で表現したプレセーぺ。こういうのは初めて見た。 museo_di_san_martino5

大回廊。中庭には頭蓋骨で飾られた墓地が。 museo_di_san_martino6

バロック様式の教会の身廊。 museo_di_san_martino7

ダンテ広場

16世紀から19世紀まで定期的に市場が開催されていた広場。イタリア統一後にダンテ広場と名付けられ、広場中央にダンテ像が置かれた。右側に見えるのは、18世紀にスペイン・ブルボン家統治時代にカルロ3世を称えるために建てられた建物で、建物上部にはカルロ3世の美徳を示すための彫像が並ぶ。 piazza_dante1

ベッリーニ広場

広場近くのナポリ音楽院で学んだシチリア出身の作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニの名を冠する広場。広場中央には、紀元前に遡る古代ギリシャ時代の遺跡が剥き出しの状態で展示されていた。 piazza_bellini1

トリブナリ通り

商店や飲食店で賑わう東西にまっすぐのびる通り。古代ギリシャ植民市時代に起源をもつ。 via_dei_tribunali1

カプアーナ門

15世紀後半アラゴン家統治時代にフェルディナント1世の下で、ジュリアーノ・ダ・マイアーノの設計によって建設された城門。 porta_capuana1

街の様子

街は全体的に雑多で混沌としていて、イタリアやヨーロッパの他の都市よりも香港や東南アジアの都市に近い印象を受けた。路上のゴミはかなり多いし、道路状況はぐちゃぐちゃでずっとクラクション鳴ってるし、地下鉄は券売機も改札も電車(?)もよく壊れてるし、なかなか住みづらそうだった。 street1 street2 street3

宿泊地

宿泊した建物の中庭。ここはどの国のどの都市でしょうクイズ出したい。 hotel1

参考書籍

テルマエ・ロマエ

プリニウス

ジョジョの奇妙な冒険 第5部

魅惑の絶景と美食旅 ナポリとアマルフィ海岸周辺へ

教養としての「ローマ史」の読み方

はじめて読む人のローマ史1200年

西洋美術史入門

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

ルネサンスとは何であったのか―塩野七生ルネサンス著作集1―

ルネサンス 歴史と芸術の物語

イラストで読む ルネサンスの巨匠たち

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論

「イタリア」誕生の物語

はじめてのイタリア語

関連記事

ナポリの歴史をまとめてみた

ナポリで教会巡り

ナポリで名物を味わってみた

ナポリ国立考古学博物館が衝撃だった

ポンペイ遺跡を散策してみた