ナポリ国立考古学博物館が衝撃だった

#ヨーロッパ#イタリア#海外#旅#博物館

そもそも

ナポリ滞在記2022のスピンオフ。

ナポリ国立考古学博物館は、19世紀前半スペイン・ブルボン家統治時代に開館した考古学博物館で、スペイン王カルロス3世が母方のファルネーゼ家から受け継いだ古代ローマ時代の彫刻(ファルネーゼコレクション)や、ポンペイやヘルクラネウムなどナポリ近郊にある遺跡から出土した古代ローマ時代のモザイク画などを展示している。

ファルネーゼコレクション

スペイン・ブルボン家統治時代に王カルロス3世が母方のファルネーゼ家から受け継いだ古代ローマ時代の彫刻(ファルネーゼコレクション)が展示されているゾーン。彫刻は主にナポリ近郊ではなく首都ローマで出土したもの。

『馬に乗る瀕死のアマゾーン』 museo_farnese1

『ハルモディオスとアリストゲイトン』 museo_farnese2

『エロスとディオニュソス』 museo_farnese3

『キタラを持つアポロン』 museo_farnese4

『ネメシス』 museo_farnese5

『幼児ディオニュソスを抱くヘルメス』 museo_farnese6

『パーンとダフニス』 museo_farnese7

『エロスとイルカ』 museo_farnese8

『ウェヌス』 museo_farnese9

『エフェソスのアルテミス』 museo_farnese10

『座る犬』 museo_farnese11 museo_farnese12

『跪く異邦人』 museo_farnese13

『イシス』 museo_farnese14

『ファルネーゼのヘラ』 museo_farnese15

『アスクレピオス』 museo_farnese16

『槍を持つ人』 museo_farnese17

『ファルネーゼのラーレ』 museo_farnese18

『ファルネーゼのフローラ』 museo_farnese19

『ポーモーナ』 museo_farnese20

『ファルネーゼのヘラクレス』 museo_farnese21

『ファルネーゼの雄牛』 museo_farnese22

『尻の美しいウェヌス』 museo_farnese23 museo_farnese24

『屈むウェヌスとキューピッド』 museo_farnese25

『子どもとガチョウ』 museo_farnese26

『猪の調理』 museo_farnese27

『巨人神族、アマゾーン、ペルシア人、ガラティア人』 museo_farnese28

『ユリウス・カエサル』 museo_farnese29

フレスコ画

ポンペイ、ヘルクラネウム、スタビアエ、オプロンティスなど、79年のヴェスヴィオ火山の噴火で壊滅したナポリ近郊の都市で出土したフレスコ画が展示されているゾーン。

キケロの別荘(ポンペイ)から出土した『踊り子たち』 museo_fresco1

神殿を描いた画。 museo_fresco2 museo_fresco3 museo_fresco5 museo_fresco7 museo_fresco4 museo_fresco6

Casa del Marinaio(ポンペイ)から出土した『ニオべの子たちの虐殺』 museo_fresco8

メレアグロスの家(ポンペイ)から出土した壁画。 museo_fresco9

悲劇詩人の家(ポンペイ)から出土した『生贄にされるイピゲネイア』 museo_fresco10

『解放者テセウス』(ポンペイ) museo_fresco11

時代感覚がバグる色彩豊かで写実的な静物画。古代ローマに対する現代人の文明観の方が誤っているらしい。ルネサンスがルネサンスたる理由がよく分かる。 museo_fresco12 museo_fresco13

『円形闘技場での乱闘』(ポンペイ) museo_fresco14

モザイク画

フレスコ画と同じくナポリ近郊の都市で出土したモザイク画が展示されているゾーン。あまりの完成度の高さに衝撃を受けた。 museo_mosaic1 museo_mosaic2 museo_mosaic3 museo_mosaic4 museo_mosaic5 museo_mosaic6 museo_mosaic7 museo_mosaic8 museo_mosaic9 museo_mosaic10 museo_mosaic11 museo_mosaic12

世界史の教科書で見たことがある『イッソスの戦い』。ポンペイにある「ファウヌスの家」の床に描かれていた。本物は残念ながら修復中で見られなかった。 museo_mosaic13

実際に「ファウヌスの家」に行った時の様子。床は復元されたもの。 museo_mosaic14

秘密の部屋(14禁)

「秘密の部屋」という名前も「14禁」も冗談ではない。

フレスコ画はポンペイの娼館などに描かれていたもの。 museo_adult1 museo_adult2 museo_adult6 museo_adult7 museo_adult8 museo_adult9 museo_adult10

『ヤギと交尾するパーン』 museo_adult3

古代ローマでは魔除けとして機能していた、男性器を強調した置物や首飾り。その名もティンティナブラム(冗談ではない)。 museo_adult4 museo_adult5

娼館の入口には目印として男性器のオブジェがあったらしい。 museo_adult11

ギリシャ神話で豊穣や生殖を司る神プリアーポス。 museo_adult12

感想

彫刻もフレスコ画もモザイク画もあまりの完成度の高さに衝撃の連続だった。古代ローマ人の文明レベル高すぎて、自分の文明観を補正した。

参考書籍

テルマエ・ロマエ

プリニウス

魅惑の絶景と美食旅 ナポリとアマルフィ海岸周辺へ

教養としての「ローマ史」の読み方

はじめて読む人のローマ史1200年

西洋美術史入門

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

ルネサンスとは何であったのか―塩野七生ルネサンス著作集1―

ルネサンス 歴史と芸術の物語

イラストで読む ルネサンスの巨匠たち

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論

「イタリア」誕生の物語

はじめてのイタリア語

関連記事

ナポリ滞在記2022

ポンペイ遺跡を散策してみた