ヴィシェフラドに行ってきた

#ヨーロッパ#東欧#チェコ#海外#旅#城#宮殿#自然

そもそも

プラハ滞在記2022のスピンオフ。

プラハにあるヴィシェフラドに行ってきた話。

ヴィシェフラドは10世紀以前に遡る歴史をもつ、プラハ市街地の南にあるかつての要塞で、チェコまたはプラハにまつわる数々の伝説の舞台となる。11世紀には、プラハ司教になった弟と対立関係にあったヴラチスラフ2世が、政治的・宗教的に対抗するためにヴィシェフラドに宮廷を移して聖堂や教会を建設した。15世紀のフス戦争では、カトリック側の重要な拠点となったため、プロテスタント側との戦闘の舞台となった。

入口

まさに要塞の入口。ドラクエのダンジョンみたい。 vysehrad1

ダンジョンを抜けると、立派なレオポルドヴァ門がお出迎え。 vysehrad2

聖マルティンのロタンダ

11世紀にヴラチスラフ2世によって建てられたロマネスク様式のロタンダ。現在の建物は19世紀に再建されたもの。

窓枠の右側にめり込んだ砲弾は、七年戦争中のプラハ包囲戦を記念したもの。 vysehrad3

聖ペテロ聖パウロ聖堂

11世紀にヴラチスラフ2世によって建てられた聖堂。現在の建物は19~20世紀にネオゴシック様式で再建されたもの。 vysehrad6

アール・ヌーヴォー様式で彩られた美しい内部。 vysehrad7

神秘的で落ち着いた雰囲気に包まれる。プラハ市街中心地に比べると人も一段と少ない。 vysehrad8

ヴルタヴァ川

さすが要塞だけあって、見晴らしが抜群。 vysehrad4

北の方角にはプラハ旧市街とプラハ城が見える。 vysehrad5

参考書籍

新しいチェコ・古いチェコ 愛しのプラハへ

物語 チェコの歴史 森と高原と古城の国

関連記事

プラハ滞在記2022

プラハ城に行ってきた

チェコの歴史をまとめてみた