トレド大聖堂が大迫力だった

#ヨーロッパ#スペイン#海外#旅#博物館

そもそも

トレド滞在記2022のスピンオフ。

トレド大聖堂は13世紀前半カスティーリャ王フェルナンド3世時代に建設が始まり、15世紀末カトリック両王時代に完成したゴシック様式の大聖堂。ムデハル様式も随所に見られる。トレド大司教は伝統的にスペイン・カトリック教会で最も権威がある(首座大司教)とされている。

ファサード

ファサードと免罪の門。 cathedral1

内部

リブ・ヴォールトを備えた高い天井にステンドグラス。典型的なゴシック様式の内部。 cathedral2 cathedral22 cathedral21

聖クリストファーを描いた壁画。 cathedral3

バラ窓とパイプオルガン。装飾半端ない。 cathedral4

主祭壇

キリストの生涯を表現した20場面のレリーフが施された主祭壇。どーなってんの。 cathedral5 cathedral8

クワイヤ

主祭壇の対面にあるクワイヤ。椅子一つ一つに異なる彫刻が施されている。 cathedral6 cathedral7

トラスパレンテ

主祭壇の裏側にあるトラスパレンテ。18世紀前半にバロック彫刻家ナルシソ・トメによって制作されたチュリゲラ様式の彫刻。チュリゲラ様式は17-18世紀にスペインで発達した過剰なまでに施された装飾を特徴とするバロック様式の一つ。 cathedral9 cathedral11

参事会室

壁にはキリストの生涯とトレド大司教の肖像画が描かれている。天井はムデハル様式。 cathedral10

聖具室

部屋中に数々の名画が飾られている聖具室。

天井画は、ルカ・ジョルダーノ『聖イルデフォンソの昇天』 cathedral12

エル・グレコ『聖衣剥奪』 cathedral14

エル・グレコ『聖フランチェスコと修道士レオーネ』 cathedral13

ゴヤ『キリストの逮捕』 cathedral15

カラヴァッジョ『洗礼者ヨハネ』 cathedral16

宝物室

精巧な金細工が施された聖体顕示台。 cathedral17

回廊

巨大なフレスコ画で彩られた回廊。 cathedral18

回廊にいた巨大な人形たちは一体なんだったのか。 cathedral19

参考書籍

スペイン美術史入門 積層する美と歴史の物語

情熱でたどるスペイン史

関連記事

トレド滞在記2022