ウィーンで教会巡り

#ヨーロッパ#オーストリア#海外#旅#教会

そもそも

ウィーン滞在記2022のスピンオフ。

ウィーン旧市街にある教会を巡ってみた。

シュテファン大聖堂

旧市街中心部にあるゴシック様式のシュテファン大聖堂。南塔の高さは136.7メートルで、教会の塔としてはウルム大聖堂、ケルン大聖堂についで世界3番目の高さだという。 stephansdom1

主祭壇を臨む身廊。 stephansdom2

副祭壇。 stephansdom3

カールス教会

旧市街南の外れにあるバロック様式のカールス教会。1713年皇帝カール6世がペスト終息を祈願して、フィシャー・フォン・エルラッハ親子に建設を命じた。正面に建つ2本の柱はローマにあるトラヤヌスの記念柱を参考にしたものだという。 karlskirche1

種祭壇。 karlskirche2

ヨハン・ミヒャエル・ロットマイヤーがドームに描いた天井画。 karlskirche3

パイプオルガン。 karlskirche4

屋上に登ることができた。 karlskirche5

アウグスティナー教会

ホーフブルク宮殿内にあるゴシック様式の教会。入口があまり目立たない。 augustinerkirche1

パイプオルガン。ちょうど練習中だったので音色を聴くことができた。 augustinerkirche2

ヴォティーフ教会

二つの高い塔が特徴的なヴォティーフ教会。色々と工事中で世俗的な広告を大々的に掲げていた。 votivkirche1

後背のステンドグラスと柱の彫刻が美しい主祭壇。 votivkirche2

振り向くとこれまた美しいパイプオルガン。 votivkirche3

聖ペーター教会

グラーベン通りの近くにあるバロック様式の聖ペーター教会。 st_peter1

躍動感あふれる主祭壇。 st_peter2

主祭壇の正面にはゴリゴリに装飾されたパイプオルガン。頻繁にコンサートを行なっている。 st_peter3

聖ミヒャエル教会

ホーフブルク宮殿を旧市街側に出たところにあるロマネスク様式の聖ミヒャエル教会。 st_michael1

ゴシック様式やバロック様式などが混在する内部。 st_michael2

聖ルパート教会

旧市街北側の川の近くにあるロマネスク様式の聖ルパート教会。諸説あるがウィーン市内に現存する最も古い教会らしい。 st_rupert1

確かに断トツで古そうなシンプルなつくりの内部。 st_rupert2

参考書籍

芸術とカフェの街 オーストリア・ウィーンへ

関連記事

ウィーン滞在記2022