ウィーンで博物館・美術館巡り

#ヨーロッパ#オーストリア#海外#旅#博物館#美術館

そもそも

ウィーン滞在記2022のスピンオフ。

ウィーンにある二つの巨大な美術館に行ってきた話。

ベルヴェデーレ宮殿(オーストリアギャラリー)

18世紀前半にハプスブルク家に仕えていたプリンツ・オイゲンが建築家ヨーハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントに造らせた夏の離宮。1814~1815年に開催されたウィーン会議の際に饗宴の舞台となった(「会議は踊る、されど進まず」という批評で知られる)。現在は上宮が美術館になっている。 belvedere1

美術館に入るとまずは豪華絢爛な大広間へ。見上げるとカルロ・カルローネが描いた天井画が。 belvedere2

広大な庭園。 belvedere3

ヨハン・ゲオルク・プラッツァー『サムソンの復讐』 belvedere4

ジャック=ルイ・ダヴィット『サン=ベルナール峠を越えるナポレオン』

同題名の絵画が5枚存在する。 belvedere5

グスタフ・クリムト『ユディト』 belvedere6

グスタフ・クリムト『接吻』 belvedere7

ルートヴィヒ・グラーフ『スイミングプール』 belvedere8

エゴン・シーレ『妻』 belvedere9

エゴン・シーレ『抱擁』 belvedere10

エゴン・シーレ『家族』 belvedere11

エゴン・シーレ『死と乙女』 belvedere12

フランツ・ヴィーゲレ『森のヌード』 belvedere13

ユリウス・フォン・ブラース『酔っ払ったスロヴァキアの農民たちによる騎馬レース』 belvedere14

美術史博物館

古代エジプト時代から18世紀末までの彫刻や絵画を展示する巨大博物館。 kunsthistorisches1

豪華すぎる中央ホール。 kunsthistorisches2 kunsthistorisches3

ディエゴ・ベラスケス『青いドレスのマルガリータ王女』 kunsthistorisches4

フランス・スナイデルス&アンソニー・ヴァン・ダイク『魚市場』 kunsthistorisches5

ピーテル・ブリューゲル『バベルの塔』 kunsthistorisches6

ピーテル・ブリューゲル『農民の踊り』(とそれを模写する女性) kunsthistorisches7

堂々たるエジプト館の入口。 kunsthistorisches8

カバ像(紀元前2000年頃) kunsthistorisches9

セクメト女神像(紀元前1400年頃) kunsthistorisches10

ホルエムヘブ王とホルス神座像(紀元前1300年頃)。仲よさそう。 kunsthistorisches11

古代ギリシャ彫刻ゾーン。 kunsthistorisches12

参考書籍

芸術とカフェの街 オーストリア・ウィーンへ

西洋美術史入門

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

古代エジプト全史

古代エジプト解剖図鑑

関連記事

ウィーン滞在記2022