KAKAMU

カイロ滞在記2023

2023.06.17

そもそも

2023年6月にエジプトの首都カイロに滞在した時の記録。

ギザからカイロへ

ギザからUberで呼んだタクシーに乗ってカイロへ。 Blog Image Blog Image

ナイル川沿いに位置する中世時代の水道橋。 Blog Image

カイロ中心部に到着。 Blog Image

建物の外壁に電線やら何やらが垂れ下がっている。 Blog Image

タハリール広場

ホテルのバルコニーからタハリール広場。 Blog Image Blog Image Blog Image

夜はちょっとラスベガス感ある Blog Image

オールド・カイロ

オールド・カイロは、アラブ人が統治し始めたエジプトで最初に首都として建設された地区で、コプト教の信仰がや文化が色濃く残る。

Sadat駅から地下鉄に乗ってオールド・カイロ地区へ。窓口で行き先を伝えてチケットを購入。料金は20円ぐらいだった。 Blog Image

車内は普通に綺麗で広くて快適。 Blog Image

Mar Girgis駅の様子。 Blog Image

バビロン要塞

古代ローマ時代に建造された要塞の一部 Blog Image Blog Image

エル・ムアッラカ教会

聖母マリアに捧げられたコプト教教会。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

コプト博物館

コプト博物館は→カイロで博物館巡り#コプト博物館

聖ゲオルギオス教会

ギリシャ正教会。エジプト唯一の円形教会らしい。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

バザール

地下通路に広がるバザール Blog Image Blog Image Blog Image

アブ・セルガ教会

4世紀に遡る歴史があるコプト教教会。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

コプト地区の街並み

教会周辺の街並み Blog Image

聖バルバラ教会

4世紀に遡る歴史があるコプト教教会。 Blog Image Blog Image

Souq El Fustat

コプト地区北側にある小綺麗なスーク(市場) Blog Image

コプト地区周辺の道路

コプト地区周辺の道路の様子。クラクションが鳴り止まない。 Blog Image Blog Image

アムル・イブン・アル=アース・モスク

エジプトおよびアフリカにおける最古のモスクとされる。 Blog Image Blog Image Blog Image

イスラーム地区

イスラーム地区、ファーティマ朝時代以降に栄えた旧市街地区。

Mar Girgis駅から電車に乗ってBab El Shaariya駅で下車。イスラーム地区にやってきた。駅から旧市街の方へ歩いていく。 Blog Image

人と車とバイクと自転車が縦横無尽に往来していて活気に満ち溢れており、地元民の生活が垣間見える。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

旧市街西側の商店街エリア Blog Image Blog Image Blog Image

旧市街北側のフトゥーフ門 Blog Image

同じく旧市街北側のナスル門 Blog Image

旧市街内は路地が迷路のように入り組んでおり、どこもかしこも商店だらけ。 Blog Image Blog Image Blog Image

Qalawun Complex

Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

ハン・ハリーリ・バザール

Blog Image Blog Image Blog Image

アズハル・モスク

Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

どんどん南へ Blog Image

ズウェーラ門

南の出入口であるズウェーラ門。 Blog Image Blog Image

イブン・トゥールーン・モスク

トゥールーン朝時代に建造されたモスク Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

サラ・エル・ディンのシタデル

シタデルは、アイユーブ朝の創始者サラーフッディーンが十字軍の侵攻を阻止するために建造した城塞。高さ約10メートル、厚さ約3メートルの城壁に囲まれている。

アザブ門

イブン・トゥールーン・モスクからアザブ門まで歩いてきた。 Blog Image Blog Image

シタデルへ

この門からはシタデルに入れなかったので、流しのトゥクトゥクを捕まえてシタデルの入り口へ。運転が荒すぎた。 Blog Image

無事シタデルに到着。 Blog Image Blog Image Blog Image

ナースィル・ムハンマド・モスク

Blog Image Blog Image

ムハンマド・アリー・モスク

19世紀オスマン帝国時代にムハンマド・アリーの命によって建造されたトルコ様式のモスク。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

見下ろす街並み

Blog Image Blog Image Blog Image

名物

コプト地区のレストランにて、エジプトの国民食コシャリ。ご飯、マカロニ、スパゲティ、ひよこ豆、レンズ豆、フライドオニオンなどを混ぜて、トマトソースをかけて食べる料理。めちゃくちゃ美味しい。 Blog Image

人気のコシャリ専門店にてテイクアウト。 Blog Image

おじいさんがやってる小さな商店でポテトチップスと水も買ってきて部屋でディナー。 Blog Image

飲料

ノンアルコールビールというかビール風炭酸飲料BIRELL。麦の味がする。 Blog Image

イスラーム教国だが一応アルコール飲料専門店でビールを買うことができる。しかもアルコール度数10%! Blog Image

雑感

マジでUberなかったら終わってる。

コカ・コーラが薬っぽくて不味い。ポテチは美味い。

色々な嘘をつかれて土産物屋に連れていかれたこと、連れていかれそうになったことが何度もあった。

ヨーロッパよりは道を譲る習慣がある人が多い気がする。

家族経営のホテルやレストランなどで、管理人らしき成人男性が女性や子供に対してかなり厳しい態度や口調で接してる場面を割と見かけて、家父長制の強さを感じた。

参考書籍

古代エジプト全史

古代エジプト解剖図鑑

ピラミッド―最新科学で古代遺跡の謎を解く―

関連記事

カイロで博物館巡り