KAKAMU

デン・ハーグ滞在記2023

2023.05.27

そもそも

2023年5月にオランダのデン・ハーグに滞在した時の記録。

デン・ハーグ中央駅

アルクマールから鉄道でデン・ハーグへ。

やたら現代的なデン・ハーグ中央駅 Blog Image Blog Image

クーカンプ

様々な動物たちが生息する緑豊かな公園 Blog Image

こんな都市のど真ん中に鹿が。 Blog Image

近所にこういう公園ほしい。 Blog Image Blog Image Blog Image

ビネンホフ

国際機関や政府系機関が集まる地区 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

マウリッツハイス美術館

今回デン・ハーグを訪れた最大の理由、マウリッツハイス美術館 Blog Image

フェルメールの先駆者とも言われる画家Jacob Vrelの作品群 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

こぢんまりしてて落ち着く館内 Blog Image

数日前にアムステルダム国立美術館の特別展から帰ってきたばかりの『真珠の耳飾りの少女』。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

市街地

Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

肉屋

Slagerij Dungelmannという肉屋にて、サンドイッチをいただく。店の奥で様々な加工肉を使ったサンドイッチを販売していて行列ができていた。 Blog Image

ちゃんと美味しかった。 Blog Image

参考書籍

物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで

街道をゆく35 オランダ紀行