KAKAMU

ドバイ滞在記2023(後編)

2023.06.27

そもそも

2023年6月にUAEのドバイに滞在した時の記録。後編。

カイトビーチ

ホテルが手配するシャトルバスに乗ってカイトビーチへ。 Blog Image Blog Image

スーク・マディナ・ジュメイラ

あまりに暑すぎたので即Uberを呼んでスーク・マディナ・ジュメイラへ。 Blog Image Blog Image Blog Image

すぐ近くに最高級ホテルのブルジュ・アル・アラブが。 Blog Image

パーム・ジュメイラ

パーム・ジュメイラの先端の方まで行ってみる。モノレール駅まではなぜか駐車場を歩いていくことに。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

ドバイマリーナ

世界屈指の高級住宅街らしい。 Blog Image Blog Image Blog Image

JBRビーチ Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

ドバイマリーナモール Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

メトロから見る現代建築群

Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

デイラ地区

いくつものスーク(市場)が広がるドバイで最も歴史ある地区。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

ボートに乗ってドバイ・クリークを南へ縦断する。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

高層ビルが立ち並ぶ地区と雰囲気が違いすぎる。 Blog Image Blog Image Blog Image

ムンバイ空港にて乗り継ぎ

東進すべくドバイからムンバイ経由で東南アジアへ飛ぶことに。 Blog Image Blog Image

午前3時過ぎにムンバイ空港到着。乗り継ぎだけだが初めてのインド。 Blog Image Blog Image Blog Image

この場所で朝まで椅子で寝て過ごした。眠ければ普通にぐっすり眠れる。 Blog Image Blog Image

朝食にサンドイッチとコーラをいただいた。直後に腹痛になったのは偶然かな。 Blog Image

雑感

共通語が英語で、大量にショッピングモールあって、治安が良くて、住みやすいという人の気持ちは確かにわかる。冬は気温もちょうど良さそうだし。

トイレに掃除専門のスタッフが2人常駐してたり、床屋に洗髪専門の東スタッフがいたり、マクドナルドで注文手伝い専門のスタッフがいたり、注文時に「カウンターで受け取る」を選択したのにテーブルまで運んでくれたり、スタッフとサービスの供給が一見過剰にも見える。それでいてチップは特に要求してこないので利用者としては快適だが、労働者の満足度が高いのかは気になる。

どこもかしこも工事中だらけで、数年経つだけで街の景観が大きく変わってそう。

ドバイのUberドライバーは実働時間だけ見ればかなりコスパいいのか。10分で1000円とか。ただ待機時間を含めたらそうでもなさそう。

利用者がかなり多いメトロ駅の券売機、台数が2台しかなくて、その上UIがお粗末で観光客が手間取ってて、利用者数に全く見合ってない。お金で解決できそうなのに解決されてない箇所は結構見かけた。やはり庶民にはそこまで優しくない印象が強い。

参考書籍

私はアラブの王様たちとどのように付き合っているのか?

日本人だけが知らない砂漠のグローバル大国UAE

関連記事

ドバイ滞在記2023(前編)