KAKAMU

アムステルダム滞在記2023

2023.05.25

そもそも

2023年5月にオランダの首都アムステルダムに滞在した時の記録。

スピンオフ

アムステルダム国立美術館に行ってきた

ヴィリニュスからアムステルダムへ

リトアニアのヴィリニュス国際空港からの直行便でアムステルダムのスキポール空港に到着。 Blog Image

空港から電車で中央駅へ。 Blog Image

アムステルダム中央駅周辺

Blog Image Blog Image Blog Image

運河地区(東側エリア)

ケイオティックな雰囲気の東側エリア。道端のゴミが多くてかなり臭くて汚い。 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

大麻ショップが軒を連ねる通り。 Blog Image

運河地区(中央エリア)

運河地区の中心部は「アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の環状運河地区」として世界遺産に登録されている。

迫力ある建造物に囲まれるダム広場 Blog Image Blog Image

王宮 Blog Image

新教会 Blog Image

マグナ・プラザ Blog Image

自転車と車と路面電車が行き交いまくってて危険。 Blog Image

運河地区(西側エリア)

ちょっとだけ穏やかな雰囲気の西側エリア Blog Image

西教会 Blog Image Blog Image

アンネ・フランクの家 Blog Image

9ストラーチェス Blog Image Blog Image

運河地区(南エリア)

中世から歴史があるベギン会修道院(カトリック女子修道院跡)。この地区に入る際には門番に絶対に静粛にするように注意される。 Blog Image Blog Image Blog Image

球根や種子などが販売されている花市場 Blog Image Blog Image

自転車が多い。 Blog Image

LGBTの人々が集まるエリア Blog Image

レンブラント広場 Blog Image Blog Image Blog Image

さらに南側エリア

アムステル川 Blog Image

アルバート・カイプ市場 Blog Image

名物

Haring & Zoという屋台にて、ハーリング(発酵させたニシン)サンドとキベリング(鱈のフライ)。ボリュームがあってシンプルで美味しい。 Blog Image Blog Image

FEBOにて、ファストフード自販機に挑戦。 Blog Image

フリカンデール(揚げソーセージ) Blog Image

クロケット(コロッケ) Blog Image

あちこちで見かけるチーズ専門店。種類がかなり豊富で店内で試食もできる。 Blog Image

フリット(フライドポテト) Blog Image

現地で飲む生ハイネケン。 Blog Image

参考書籍

物語 オランダの歴史 大航海時代から「寛容」国家の現代まで

街道をゆく35 オランダ紀行

関連記事

アムステルダム国立美術館に行ってきた