KAKAMU

リガ滞在記2023

2023.05.23

そもそも

2023年5月にラトビアの首都リガに滞在した時の記録。

タリンからリガへ

タリンのバスターミナル。FlixBusに乗っでタリンからリガへ。 Blog Image Blog Image

おとぎ話の舞台になりそうな長閑な田園風景がひたすら続く車窓。長閑な風景とは裏腹に、片側一車線で割と対向車来てるのに、追い越しまくっててめちゃくちゃ危なかった。 Blog Image Blog Image

所要時間4時間ほどでリガに到着。 Blog Image

リガ中央市場

リガのバスターミナル近くにあったリガ中央市場へ。 Blog Image

巨大な体育館のような建物全てが中央市場で、肉・魚・野菜・パンのように建物ごとになんとなくジャンルが分けられている。今まで訪れたヨーロッパの市場の中で一番デカい。 Blog Image

激安の蜂蜜 Blog Image Blog Image Blog Image

パンも激安 Blog Image Blog Image

見たことないような巨大な魚の干物が並ぶ圧巻のショーケース Blog Image Blog Image

リガは河口に位置しており海が近いこともあり、魚介も新鮮そう。 Blog Image Blog Image

彩あふれる絵に描いたような野菜売り場 Blog Image

屋外にも市場が広がっている。 Blog Image

精肉棟 Blog Image

市場の一角にある生ビール専門店で一杯いただくことに。 Blog Image

500mlで150円ぐらいで激安。 Blog Image

今まで飲んだことないような風味と甘みとコクがあって、世界各都市でご当地ビールを飲んできたが、ここで飲んだビールが一番美味しかったかもしれない。 Blog Image

ヨーロッパ各都市の中央市場は観光地化されている場合を除くと活気がなくて臭くて廃れてることが多いが、リガ中央市場は品揃えもすごくて地元民で賑わっていてちゃんと機能している印象を受けた。

なぜか30年前にタイムスリップしたような懐かしさをどことなく感じた。

この中央市場があるだけで、ちょっとリガに住みたくなった。

市街地

中央駅前が見渡す限り工事中だった。ヨーロッパの都市は工事中がやたら多い。 Blog Image

中央駅前の大型ショッピングモール Blog Image

公園や庭園が広がる旧市街北側エリア Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

キリスト生誕大聖堂(正教会)

緑豊かな公園の敷地内にある教会へ Blog Image

正教会は内部の写真撮影が禁止されていることが多い。 Blog Image

旧市街

世界遺産に登録されているリガ旧市街

猫の家 Blog Image Blog Image Blog Image

スウェーデン門 Blog Image Blog Image Blog Image

旧市街を南に抜けるとダウガパ川に行き着く。 Blog Image

リガの旧市街は、タリンの旧市街と比べると人が少なくて全然活気が無かった。ヘルシンキからの日帰り客の有無の差かもしれない。

聖救世主教会(英国国教会)

Blog Image Blog Image

リガ大聖堂(ルーテル教会)

Blog Image

大聖堂前広場でアイスホッケーのパブリックビューイング Blog Image

ブラックヘッドハウス

中世の商人たちが会議や舞踏会の会場として使っていた建物 Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

名物

LIDOというバイキング形式のレストランにて。こういうレストランがマジで最高。どの料理も名前は分からんが美味そうすぎる。 Blog Image

このピンク色のボルシチ(サワービーツスープ)がピクルスっぽい味でかなり美味しかった。ロールキャベツもチキンステーキもピラフも全部美味しかった。形式も料理もトルコのロカンタみたいだな。 Blog Image Blog Image

この量とクオリティにしてはヨーロッパでは激安。改めて日本の飲食は安すぎる。 Blog Image

中央市場でいただいたペリメニ(水餃子) Blog Image

このLong Chipsがかなりクオリティ高かった。 Blog Image Blog Image

ていうか飲食のレベル高くね!?

ビール

先述の中央市場のビール専門店然り、旧市街にもビール専門店が多数あり、ビール産業が盛んらしい。クオリティもかなり高い。 Blog Image

リガでもスーパーでビール買おうとすると年齢確認された。どんだけ若く見えるんだ。

ホステルにて

タリンにひき続き共用バスルームの一人部屋に宿泊した。隣の一人部屋の人がずっとドアを全開にしててやたら話しかけてきた。そんなに他人と話したかったらホステルに泊まればいいのに。 Blog Image

その他

サークルKをたくさん見かける。

リガもタリン同様にスラヴ系の見た目をした人が多い。

全身黒色のファッションをしてピアスをたくさんしてタトゥー入れてヘッドホンしてるような若い女性がやたら多い。

参考書籍

おとぎの国をめぐる旅 バルト三国へ