KAKAMU

好きなヨーロッパの芸術家

2023.06.13

そもそも

ヨーロッパ各地を巡ってみて気に入った芸術家をまとめてみた。

Edwin Landseer

エドウィン・ランドシーア(イギリス)

『峡谷の王』(スコットランド国立美術館) Blog Image

John Constable

ジョン・コンスタブル(イギリス)

『乾草の車』(ナショナルギャラリー@ロンドン) Blog Image From Wikipedia

William Turner

ウィリアム・ターナー(イギリス)

『カルタゴ帝国の衰退』『レグルス』(テートブリテン) Blog Image

『バチカン宮殿から眺めるローマ』(テートブリテン) Blog Image

Frans Snyders

フランス・スナイデルス(フランドル)

『フルーツバスケットを襲う2匹の猿』(ルーヴル美術館) Blog Image

Joachim Beuckelaer

ヨアヒム・ブーケラール(フランドル)

『四大元素:水』(ナショナルギャラリー@ロンドン) Blog Image

Peter Paul Rubens

ピーテル・パウル・ルーベンス(フランドル)

『最後の審判』(アルテ・ピナコテーク) Blog Image

『マリー・ド・メディシスの生涯』(ルーヴル美術館) Blog Image

Pieter Bruegel

ピーテル・ブリューゲル(フランドル)

『バベルの塔』(ウィーン美術史博物館) Blog Image

『農民の踊り』(ウィーン美術史博物館) Blog Image

『干し草の収穫』(ロブコヴィツ宮殿) Blog Image

Pieter Snayers

ピーテル・スネイエルス(フランドル)

『白山の戦い』(ルーヴル美術館) Blog Image From Wikipedia

Hieronymus Bosch

ヒエロニムス・ボス(フランドル)

『快楽の園』(プラド美術館) Blog Image From Wikipedia

Paul de Vos

パウル・デ・フォス(フランドル)

『犬たちに食いちぎられる牛』(プラド美術館) Blog Image From Wikipedia

Adolph Menzel

アドルフ・フォン・メンツェル(ドイツ)

『サンスーシ宮殿でのフリードリヒ大王のフルートコンサート』(旧国立博物館@ベルリン) Blog Image

『鉄圧延機工場』(旧国立博物館@ベルリン) Blog Image

Albrecht Altdorfer

アルブレヒト・アルトドルファー(ドイツ)

『アレクサンダー大王の戦い』(アルテ・ピナコテーク) Blog Image

Arnold Böcklin

アルノルト・ベックリン(スイス)

『死の島』(旧国立博物館@ベルリン) Blog Image

『ヴァイオリンを弾く死神といる自画像』(旧国立博物館@ベルリン) Blog Image

Caspar David Friedrich

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(ドイツ)

『氷の海』(ハンブルク美術館) Blog Image

『雲海の上の旅人』(ハンブルク美術館) Blog Image

Egon Schiele

エゴン・シーレ(オーストリア)

『妻』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

『抱擁』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

『家族』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

『死と乙女』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

Hugo Charlemont

ヒューゴ・シャールモント(チェコ・オーストリア)

『ハンマー工場の内部』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

Johann Georg Platzer

ヨハン・ゲオルク・プラッツァー(オーストリア)

『サムソンの復讐』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

Max Liebermann

マックス・リーバーマン(ドイツ)

『ミュンヘンのビアガーデン』(アルテ・ピナコテーク) Blog Image

Andrea del Verrocchio

アンドレア・デル・ヴェロッキオ(イタリア)

バルトロメオ・コッレオーニ(ヴェネツィア共和国の傭兵隊長)の騎馬像(サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂前広場) Blog Image

『キリストの洗礼』(ウフィツィ美術館) Blog Image

『イルカを抱くキューピッド』(ヴェッキオ宮殿) Blog Image

『ダヴィデ』(バルジェッロ国立博物館) Blog Image

Canaletto

『セント・ポール大聖堂とテムズ川』(ロブコヴィツ宮殿) Blog Image

Caravaggio

カラヴァッジョ(イタリア)

『バッカス』(ウフィツィ美術館) Blog Image

『女占い師』(カピトリーニ美術館) Blog Image

『キリスト降架』(バチカン美術館) Blog Image

『洗礼者ヨハネ』(トレド大聖堂) Blog Image

Francesco Guardi

フランチェスコ・グアルディ(イタリア)

『カナル・グランデ』(ブレラ美術館) Blog Image

Giorgione

ジョルジョーネ(イタリア)

『嵐』(アカデミア美術館) Blog Image

Giorgio Vasari

ジョルジョ・ヴァザーリ(イタリア)

クーポラ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂) Blog Image

500人大広間の天井と壁画(ヴェッキオ宮殿) Blog Image Blog Image Blog Image

Giovanni Paolo Pannini

ジョバンニ・パオロ・パンニーニ(イタリア)

『古代ローマの風景画があるギャラリー』(ルーヴル美術館) Blog Image

『現代ローマの風景画があるギャラリー』(ルーヴル美術館) Blog Image

Giuseppe Arcimboldo

ジュゼッペ・アルチンボルド(イタリア)

『冬』『夏』『春』(セルフコピー版)(アルテ・ピナコテーク) Blog Image

Johann Wenzel Peter

ヨハン・ヴェンツェル・ペーター(チェコ・オーストリア)

動物画(バチカン美術館) Blog Image

Leonardo da Vinci

レオナルド・ダ・ヴィンチ(イタリア)

『カーネーションの聖母』(アルテ・ピナコテーク) Blog Image

『受胎告知』(ウフィツィ美術館) Blog Image

『洗礼者聖ヨハネ』(ルーヴル) Blog Image

Michelangelo Buonarroti

ミケランジェロ・ブオナローティ(イタリア)

『聖家族(トンド・ドーニ)』(ウフィツィ美術館) Blog Image

『ピエタ』(サン・ピエトロ大聖堂) Blog Image

Paolo Veronese

パオロ・ヴェロネーゼ(イタリア)

『カナの婚宴』(ルーヴル美術館) Blog Image

『レパントの海戦の寓意』(アカデミア美術館) Blog Image

『レヴィ家の饗宴』(アカデミア美術館) Blog Image

Raffaello Santi

ラファエロ・サンティ(イタリア)

『キリストの変容』(バチカン美術館) Blog Image

『聖体の論議』(バチカン美術館) Blog Image

『アテナイの学堂』(バチカン美術館) Blog Image

Sandro Botticelli

サンドロ・ボッティチェッリ(イタリア)

『東方三博士の礼拝』(ナショナルギャラリー@ロンドン) Blog Image

『プリマヴェーラ』(ウフィツィ美術館) Blog Image

『ヴィーナスの誕生』(ウフィツィ美術館) Blog Image

Tintoretto

ティントレット(イタリア)

『最後の晩餐』(サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂) Blog Image

『最後の晩餐』(サン・ポーロ教会) Blog Image

『天国』(ドゥカーレ宮殿) Blog Image

『最後の晩餐』(ルッカ大聖堂) Blog Image

その他サン・ロッコ大信徒会にたくさん。

関連記事:ヴェネツィアで博物館・美術館巡り#サン・ロッコ大信徒会

Tiziano Vecellio

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(イタリア)

『聖母被昇天』(サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂) Blog Image

『ウルビーノのヴィーナス』(ウフィツィ美術館) Blog Image

Vincenzo Campi

ヴィンチェンツォ・カンピ(イタリア)

『果物売り』(ブレラ美術館) Blog Image

Auguste Rodin

オーギュスト・ロダン(フランス)

『洗礼者ヨハネ』(ヴィクトリア&アルバート美術館) Blog Image

その他ロダン美術館にたくさん。

関連記事:ロダン美術館に行ってきた

Charles Gleyre

シャルル・グレール(フランス)

『失われた幻影』 Blog Image

Claude Joseph Vernet

クロード・ジョセフ・ヴェルネ(フランス)

『ナポリ湾の眺め』(ルーヴル美術館) Blog Image

『月明かりの港』(ルーヴル美術館) Blog Image

Claude Lorrain

クロード・ロラン(フランス)

『タルソスに上陸するクレオパトラ』(ルーヴル美術館) Blog Image

Dominique Ingres

ドミニク・アングル(フランス)

『グランド・オダリスク』(ルーヴル美術館) Blog Image

『トルコ風呂』(ルーヴル美術館) Blog Image

Eugène Delacroix

ドラクロワ(フランス)

『民衆を導く自由の女神』(ルーヴル美術館) Blog Image

『キオス島の虐殺』(ルーヴル美術館) Blog Image

Fernand Cormon

フェルナン・コルモン(フランス)

『カイン一族の逃亡』(オルセー美術館) Blog Image

Gustave Caillebotte

ギュスターヴ・カイユボット(フランス)

『床削りの人々』(オルセー美術館) Blog Image

Hubert Robert

ユベール・ロベール(フランス)

『ローマ神殿跡の風景』(アルテ・ピナコテーク) Blog Image

古代遺跡カプリッチョシリーズ(ルーヴル美術館) Blog Image

Jacques-Louis David

ジャック=ルイ・ダヴィッド(フランス)

『サン=ベルナール峠を越えるナポレオン』(ベルヴェデーレ宮殿) Blog Image

『ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』(ルーヴル美術館) Blog Image

『マラーの死』(ルーヴル美術館) Blog Image

Nicolas Poussin

ニコラ・プッサン(フランス)

『サビニの女たちの掠奪』(ルーヴル美術館) Blog Image

『我アルカディアにもあり』または『アルカディアの牧人たち』(ルーヴル美術館) Blog Image

Paul Chenavard

ポール・シュナヴァール(フランス)

『神聖なる悲劇』(オルセー美術館) Blog Image

Paul Signac

ポール・シニャック(フランス)

『解体屋』(オルセー美術館) Blog Image

Thomas Couture

トマ・クチュール(フランス)

『退廃期のローマ人たち』(オルセー美術館) Blog Image

El Greco

エル・グレコ(ギリシャ・スペイン)

『聖衣剥奪』(トレド大聖堂) Blog Image

『聖フランチェスコと修道士レオーネ』(トレド大聖堂) Blog Image

その他エル・グレコ美術館にたくさん。

関連記事:トレド滞在記2022#エル・グレコ美術館

Francisco Goya

フランシスコ・デ・ゴヤ(スペイン)

『聖フスタと聖ルフィーナ』(セビージャ大聖堂) Blog Image

『キリストの逮捕』(トレド大聖堂) Blog Image

『マドリード1808年5月3日』(プラド美術館) Blog Image From Wikipedia

Joaquín Sorolla

ホアキン・ソローリャ(スペイン)

『漁の帰り』(オルセー美術館) Blog Image

Gustav Vigeland

グスタフ・ヴィーゲラン(ノルウェー)

彫刻群(ヴィーゲラン彫刻公園) Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

彫刻群(ヴィーゲラン美術館) Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image Blog Image

参考書籍

西洋美術史入門

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

ルネサンスとは何であったのか―塩野七生ルネサンス著作集 1―

ルネサンス 歴史と芸術の物語

イラストで読む ルネサンスの巨匠たち

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論

関連記事

世界紀行2022反省会

ロンドンで博物館・美術館巡り

エディンバラで博物館・美術館巡り

ベルリンで博物館・美術館巡り

ミュンヘンで博物館・美術館巡り

ウィーンで博物館・美術館巡り

プラハ城に行ってきた

ヴェネツィアで博物館・美術館巡り

バルジェッロ国立博物館で彫刻を堪能した

ウフィツィ美術館でルネサンスを堪能した

ルーヴル美術館が広すぎた

オルセー美術館に行ってきた

ロダン美術館に行ってきた

セビージャ滞在記2022(1日目)

マドリード滞在記2022#プラド美術館

トレド滞在記2022

トレド大聖堂が大迫力だった

ヴィーゲランの彫刻が遊び心満載だった